「拭き掃除」でサビや汚れの凝固を防ぐ

腕時計を1日着けていると、汗や埃などで意外に汚れてしまっています。そのまま放置すると、汚れが固まってしまいサビに繋がってしまうため、こまめに拭き掃除を行いましょう。手入れの際は柔らかな素材の専用クロスを用います。細かなチリや砂が付着したままの状態で拭き掃除をすると、ケースやガラスの表面を傷つけてしまう可能性があるため注意です。

「ブラッシング」で細部の汚れを除去

クロスによる拭き掃除では取り切れない、ブレスレットのコマやベゼルの境目などの細かな汚れは、ブラシを使用して掻き出します。ブラシは毛先が柔らかくアルコール溶剤に強い豚毛製と、弾力が強く水洗いも容易なナイロン製を用途やシーンに合わせて使い分けます。ブラッシングを上手に行うコツは、順序を決めて拭き残しなく丹念に行うことと、角度や方向を変えて根気良く行うことです。

「革ベルト」の手入れ

天然素材である革ベルトは、湿気や汚れを吸収し易いため、頻繁に手入れを行うのが基本です。特に汗をかく夏場などは家へ帰ったら専用クロスで優しく乾拭きをします。そして、週に1回は革製品専用スプレーを吹きかけて消臭と除菌を行います。また、内部に湿気が残っているとカビや異臭の原因となるため、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。

「凹み汚れ」をくまなく除去する

拭き掃除やブラッシングをしても、溝や刻印などの細部の汚れは取り切れない場合は、爪楊枝や綿棒を加工して用います。凹みに対して綿棒が太すぎたら指先で細くします。また、爪楊枝は刻印に合わせて先端をカッターで削ります。

スイスの高級時計、それがウブロです。他と違うコンセプト、アイデアを発信し、身につける人の個性を引き立ててくれます。