そもそも壁面緑化とは

壁面緑化とは建物の壁を植物で覆うことで、ヒートアイランド対策や二酸化炭素削減などで注目を集めています。地面に植えた植物を成長させることで壁面を覆う方法や、上から垂らす方法、パネル型の植物を壁面にはめ込んでいく方法などがあります。見た目も爽やかで美しい壁面緑化ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

壁面緑化を行うメリット

まず第一に環境にやさしいということが挙げられます。都市部では建物が密集しアスファルトやコンクリートに覆われた地面が多いことなどから、気温が高くなりやすくなっています。壁面緑化で緑を増やすことにより植物が気温を下げ、このようなヒートアイランド現象の緩和に貢献できます。さらに光合成を行うことで空気の浄化作用も期待できるのです。

壁面緑化がもたらすメリットは環境面だけではありません。たとえば、建物周りの気温が下がればその分冷暖房の効率も良くなり電気代の節約にも繋がります。また緑が増えることにより潤いのある豊かな空間が形成され、人々に心地よさを与えることができます。こうした効果は建物のイメージアップにも繋がり、集客力やブランド力の向上も見込まれます。

壁面緑化を行うデメリット

メリットの多い壁面緑化ですが注意しないといけない点もあります。それは手入れをきちんと行ってあげることです。つるや葉が伸び放題になれば見た目が悪くなり、近隣にも迷惑をかける事態になりかねません。また虫が大量発生してしまう可能性もあり、ますます状況を悪くしてしまうかもしれません。植物の種類によっては落葉があるので掃除が必要になってくるでしょう。壁面緑化行ったら必ず定期的にメンテナンスをするようにしましょう。

壁面緑化とは住宅や施設の外壁に、植物をはわせて育てることです。植物によって影ができるので涼しくなったりする他、緑化が進んで地球にやさしいというメリットがあります。